皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法ガイド

気になる皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法を徹底リサーチしました

食生活の改善(手軽度★★★★☆)

皮下脂肪や内臓脂肪を減らすために、まずやらなければならないのは食事を見直すこと。

あなたが口に入れるものすべてが、骨や血を作り活動エネルギーとなるだけではなく、脂肪にもなっていくわけです。

自分がどんなものを食べたり飲んだりしているか、口に入れる前に改めてチェックしてみてください。それだけで、食生活の改善はスタートできますよ。 

栄養のバランスを考えた食事がいちばん!

体重を減らすには?食事改善で内臓脂肪・皮下脂肪を落とす方法

本当によく言われることですが、食事の改善は栄養バランスを考えることが最も重要なポイントです。

脂質や糖質は控えめに、ミネラルやビタミン、食物繊維などを多めに取ることを心がけましょう。ごはんやパンなどの炭水化物は糖質ですし、肉や魚などのタンパク質はエネルギーとして消費されないと中性脂肪に変わってしまいますから、注意して摂取します。

おすすめの食材は、キノコや海藻、豆類など。これらは、低カロリーで食物繊維が豊富に含まれているのも魅力です。少量でも満足感が得られやすいので、毎食のメニューに1品は取り入れてみるといいですね。

内臓脂肪と皮下脂肪のタイプ別・注意すべき食品とは

内臓脂肪と皮下脂肪では、溜まる原因がちょっと異なります。注意すべき食材などにも違いがありますから、しっかりチェックしてください。

内臓脂肪タイプ

ビール腹や太鼓腹など、お腹だけがポッコリ出てしまう方は内臓脂肪タイプ。特に気を付けるべきなのは、炭水化物です。内臓に脂肪が付いてしまう大きな原因は、ごはんやアルコールを取り過ぎることによる、糖質の過多にあると言います。昼は丼もの、夜はお酒の締めにラーメン…といった生活を続けていると、文字通り“ビール腹”になってしまうわけです。

内臓脂肪を減らすために最も効果的なのは、炭水化物を控えること。少し前にブームとなった、炭水化物ダイエットは、内臓脂肪タイプさんにピッタリの方法です。

皮下脂肪タイプ

腰回りやお腹、太ももや二の腕に溜まりやすい皮下脂肪。中年以降の女性など、皮下脂肪が蓄積されてしまうタイプの方は、脂質に注意しましょう。

バターやクリームなどの乳製品やお肉の脂身などの脂質は、エネルギーとして消費されないとすぐに中性脂肪となって体に蓄積されてしまうため、皮下脂肪へ直結しやすいのです。特にケーキなどの甘い洋菓子は、脂質も糖質も満載。甘いもの好きにはちょっと酷ですが、やはり控えるのが無難ですね。

食べ方の改善で摂取カロリーを減らす工夫を

食事の内容だけではなく、食べ方にも脂肪を減らすポイントがあります。

例えば、「夜9時以降に食事をとらないようにする」とか、「早食いをやめ、よく噛んで食べる」といった、ほんの少しの心がけで摂取カロリーを落とし、脂肪が蓄積しない身体へと整えていくことができますよ。

これらの食事習慣は、一度慣れてしまえばすんなり続けられるものですから、できることから始めてみてください。

  • 食事の量は腹八分目にする
  • 手の届くところに食べ物を置かない
  • 器を小ぶりなものに変える
  • 食事のときは、野菜を先に食べる
  • 外食では一品ものよりも定食を選ぶ
 

サイト紹介

効率的に皮下脂肪や内臓脂肪を落とす方法とは?食事法や運動、脂肪燃焼系サプリまで、あらゆる方法をまとめているサイトです。
ダイエットしたい男女必見!
No.1「コレスリム」

コレスリム

詳細をチェック

No.2「メタファイヤ」

メタファイア

詳細をチェック

No.3「メタバリアスリム」

メタバリアスリム
プレミアム

詳細をチェック

 
皮下脂肪・内臓脂肪を落とす脂肪燃焼サプリおすすめランキング:脂肪燃焼サプリおすすめ比較ランキング