皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法ガイド

気になる皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法を徹底リサーチしました

有効な運動(手軽度★★☆☆☆)

ダイエットと言えば食事制限と運動が基本ですね。体を動かすことが脂肪を減らすために有効だとされる理由や、より効果的に脂肪が落ちる運動方法について解説していきます。

脂肪を落とすのに運動が必要なのはなぜ?

運動によって皮下脂肪や内臓脂肪を落とす!メタボ改善法をチェック

皮下脂肪や内臓脂肪は、中性脂肪が内臓の周りや体内のあちこちに蓄積されたものを言います。

摂取した糖質や脂質が消費を上回ってしまい、余った分が中性脂肪になるわけですから、摂取した糖質や脂質よりも、消費する量が多ければ、脂肪ができにくいと考えられますね。

人間は、体温を保持したり呼吸をしたり、消化するために内臓を動かしたりするだけでエネルギーを消費します。

その消費カロリーのことを基礎代謝と言いますが、成人男性の平均は約1500Kcal、成人女性の場合はおよそ1200Kcalだとされています。

この基礎代謝に運動することで使うカロリーをプラスした数字が、1日の消費カロリーとなるわけです。

残念なことに、計算してみると“摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまう”=“カロリーオーバー”な日が大半であることに気が付くでしょう。

ほとんどの方は、食べ過ぎなのです。

さらに、中年以降になると基礎代謝も落ちてきますから、カロリー摂取量が多くなってしまう日がますます増え、脂肪が蓄積しやすくなっていきます。

基礎代謝の低下を防ぎ、消費するカロリーを増やすためにも、できるだけ多く体を動かしてエネルギーを燃やす必要があるわけです。

脂肪の種類別・どんな運動が効果的?

脂肪のつき方や種類の違いによって、より効果が上がりやすい運動法があります。皮下脂肪と内臓脂肪のそれぞれに有効な方法を解説しましょう。

内臓脂肪に有効な運動

内臓脂肪は炭水化物など糖質を多く摂っている男性に多いタイプで、『すぐについてしまうわりに落としやすい』という特徴があります。内臓脂肪には、ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動が有効。犬の散歩や通勤など、日常生活のちょっとしたときに運動を取り入れるだけでも、消費カロリーは違ってきます。

皮下脂肪に有効な運動

皮下脂肪は、時間をかけて蓄積された脂肪で、落とすのにも時間がかかると言われています。ジョギングなどの有酸素運動に加えて、腹筋・背筋などの軽い筋トレを行うと効果的。筋肉量を増やすことで基礎代謝がアップして、消費カロリーも多くなるのです。

頑固な皮下脂肪を落としたいと思う方は、軽い有酸素運動を毎日続けながら、体の中心にある大きな筋肉・体幹を鍛えるトレーニングを行ってみましょう。

運動によるダイエットのデメリットとは

普段体を動かす習慣のなかった人が、脂肪を減らすためだからといって急に運動を始めても、なかなか長続きするものではありません。

“ほんの30分でいい”と言われても毎日ウォーキングやジョギングにでかける習慣を作るのは、とても難しいことです。

運動によるダイエットの問題点は、体を動かす習慣がなかなか定着しないこと。

太っている人は、元々運動が苦手な方が多く、なおさら面倒くさく感じてしまいますよね。

体脂肪を減らすために運動しようと決意したら、まずは日常生活の中に体を動かす時間を工夫して見つけることから始めましょう。

エレベーターに乗っていたところを階段にするとか、駅までバスに乗っていた道を歩いてみたり、自転車にしてみたり。どんな些細なことでも、積み重なればちょっとした運動量になるはずです。

 

サイト紹介

効率的に皮下脂肪や内臓脂肪を落とす方法とは?食事法や運動、脂肪燃焼系サプリまで、あらゆる方法をまとめているサイトです。
ダイエットしたい男女必見!
No.1「コレスリム」

コレスリム

詳細をチェック

No.2「メタファイヤ」

メタファイア

詳細をチェック

No.3「メタバリアスリム」

メタバリアスリム
プレミアム

詳細をチェック

 
皮下脂肪・内臓脂肪を落とす脂肪燃焼サプリおすすめランキング:脂肪燃焼サプリおすすめ比較ランキング