皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法ガイド

気になる皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法を徹底リサーチしました

クロロゲン酸

最近、コーヒーに含まれるダイエット成分として、にわかに話題となっているクロロゲン酸。

ダイエットに効果があると言われていますが、具体的にはどのような作用があるのでしょうか。成分の特徴や、クロロゲン酸の効果的な摂取法などについて解説していきます。

クロロゲン酸ってどんなもの?

話題のダイエット成分・クロロゲン酸の効果とは

クロロゲン酸は、抗酸化作用の強いポリフェノールの一種で、コーヒー豆に多く含まれているため、

別名・コーヒークロロゲン酸とも呼ばれます。同じくコーヒーに含まれているカフェインと共に、

作用や効果に注目が集まっている成分ですね。

クロロゲン酸には、ほかの抗酸化物質と同様に、

ストレスや紫外線などによって酸化・老化してしまう細胞を、

酸化のダメージから守る働きがあると言われています。

クロロゲン酸で得られるダイエット効果

最近の研究によって、クロロゲン酸が脂肪燃焼を促進する作用を持ち、体脂肪の減少へ効果が高い成分であることが分かってきました。

筋肉などの細胞内で脂肪の燃焼を担っているミトコンドリアへ、積極的に脂肪を取り込むよう働きかけ、エネルギーへの変換を促進させるのです。

クロロゲン酸から刺激を受けた細胞内のミトコンドリアが、脂肪をドンドン燃やしてくれるので、蓄積された体脂肪もドンドン減少していくわけです。 

クロロゲン酸はどうやって摂取する?

クロロゲン酸を摂取するために、濃いコーヒーをがぶ飲みしたりコーヒー豆を食べたりしても、あまり意味はありません。

焙煎したコーヒー豆には炭水化物や脂質は多く含まれていますが、クロロゲン酸は5%以下しか含まれていないそうで、効果を感じられるほどの量を摂取するためには、途方もない量のコーヒーの飲まなければならないのです。

したがって、コーヒーのクロロゲン酸でダイエットしようと思ったら、サプリメントで摂る以外の方法はありえませんね。サプリメントなら、高濃度のクロロゲン酸を、効率よく摂取することができますから、おすすめです。

クロロゲン酸を配合しているサプリメント

  • 『カロリストンPRO』(ステラ漢方)

粘りが強くて食物繊維が豊富な、北海道産のがごめ昆布などを配合。余分なカロリーの吸収を抑える効果が期待できるダイエットサプリです。
コーヒークロロゲン酸は、配合量が多い生のコーヒー豆から抽出し、同じく抗酸化力が高い黒豆のポリフェノールなども一緒に配合しています

  • 『コレスリム』(健やか総本舗亀山堂)

L-カルニチンや植物醗酵エキス、クロロゲン酸などを配合した、ダイエットサプリメント。
コーヒー豆に含まれるクロロゲン酸は、焙煎することでほとんどが失われてしまうと言われていますが、コレスリムに配合されているのは、焙煎前の生コーヒー豆から得られるクロロゲン酸。グリーンコーヒー豆だからこそ抽出できる、高濃度のクロロゲン酸をカプセルに凝縮しています。

 

サイト紹介

効率的に皮下脂肪や内臓脂肪を落とす方法とは?食事法や運動、脂肪燃焼系サプリまで、あらゆる方法をまとめているサイトです。
ダイエットしたい男女必見!
No.1「コレスリム」

コレスリム

詳細をチェック

No.2「メタファイヤ」

メタファイア

詳細をチェック

No.3「メタバリアスリム」

メタバリアスリム
プレミアム

詳細をチェック

 
皮下脂肪・内臓脂肪を落とす脂肪燃焼サプリおすすめランキング:脂肪燃焼サプリおすすめ比較ランキング