皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法ガイド

気になる皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法を徹底リサーチしました

褐色脂肪細胞

2種類に分類されるという脂肪細胞のうち、褐色脂肪細胞と呼ばれるものについて解説しましょう。まだそれほど一般的に知られているものではありませんが、実は重要な役割を果たしている細胞であることが分かっています。 

褐色脂肪細胞って、どんなもの?

褐色脂肪細胞は、その名の通り茶褐色の脂肪細胞で、体を寒さから守り、体温を保持する役割を果たしている細胞です。

外の気温が下がると、私たちの体も外気温に合わせて体温が下がってしまいます。

そんなときには、この褐色脂肪細胞が、体内に蓄積されている白色脂肪細胞をエネルギーとして燃やすことによって、体温を上げようと作用します。

私たちの体は、常に36℃台の体温を保つために、褐色脂肪細胞が燃やすエネルギーを使っているのです。

こうして、冷えから私たちの臓器を守ったり、カロリー過多な食事で余った脂肪を燃やして、熱として体外へ発散させたり、といった重要な役割と持っている細胞が、褐色脂肪細胞なのです。

褐色脂肪細胞が増えればスリムな体になれる!?

全身のあらゆる場所に蓄積されている皮下脂肪や内臓脂肪のほとんどは、白色脂肪細胞。

いわゆる“脂肪”と言われている細胞が多く、褐色脂肪細胞が存在している場所は、ごく一部だと言われています。

褐色脂肪細胞が存在しているのは、肩甲骨の間や首回り、脇の下、心臓や腎臓などの内臓の周りなどで、大人でも1人40グラム程度しかないそうです。

そんなわずかな量の細胞で、私たちの臓器を守り、全身の体温を保つ働きをしているわけですから、褐色脂肪細胞の持つパワーは計り知れません。

貴重な存在である褐色脂肪細胞を、できるだけ活性化させ、わずかでも細胞数を増やすことができれば、もっと効率よく白色脂肪細胞を減らすことができるはずですね。

そこで、褐色脂肪細胞を増やして皮下脂肪を燃焼させよう、というダイエット法まで生まれているのです。

褐色脂肪細胞を増やす方法とは?

褐色脂肪細胞を増やすためには、熱で細胞を刺激して活性化させる方法が有効だと言われています。

例えば、人間の体には温かいお湯などで熱の刺激を与えると、ヒートショックプロテインという物質が増えます。

このプロテインは褐色脂肪細胞を活性化させるために効果が高いとされているので、褐色脂肪細胞が多く存在している部分に熱いシャワーなどで刺激を与えることが、褐色脂肪細胞の働きを高めることになるのです。

具体的には、肩甲骨や首筋などに熱めのシャワーをかけたり、温かいお湯と水を交互に浴びる、と言った方法が良いとされています。

ただし、この方法は血圧の変化を起こしやすく、心臓の弱い方などには向きません。

寒冷差のショックが大きいという方には、手のひらを冷水と温水へ交互にひたすなどでもOK。ご自身の体調を考えて行う必要がありますね。

さらに、肩甲骨を刺激する体操やストレッチを行うと効果的。

肩を回す肩甲骨のストレッチは、褐色脂肪細胞を刺激してダイエット効果を高めるだけではなく、肩こり解消や猫背の改善、バストアップやむくみ解消にも効果があります。

気分転換にもなりますから、お仕事や家事の合間に、肩を回す運動を取り入れてみてはいかがでしょう。

 

サイト紹介

効率的に皮下脂肪や内臓脂肪を落とす方法とは?食事法や運動、脂肪燃焼系サプリまで、あらゆる方法をまとめているサイトです。
ダイエットしたい男女必見!
No.1「コレスリム」

コレスリム

詳細をチェック

No.2「メタファイヤ」

メタファイア

詳細をチェック

No.3「メタバリアスリム」

メタバリアスリム
プレミアム

詳細をチェック

 
皮下脂肪・内臓脂肪を落とす脂肪燃焼サプリおすすめランキング:脂肪燃焼サプリおすすめ比較ランキング