皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法ガイド

気になる皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法を徹底リサーチしました

皮下脂肪

“皮下脂肪”という言葉はよく聞くのですが、実際はどのような性質を持つ脂肪なのか知っていますか? どのような場所につきやすく、どうすれば落とすことができるのか、簡単に解説しましょう。

皮下脂肪ってどんなもの?

皮下脂肪は、読んで字のごとく“皮膚のすぐ下に溜まっている脂肪細胞”のこと。

溜まりやすいのは、お腹周りや腰、太もも、二の腕などで、男性よりも女性の方がより蓄積しやすいと言われています。

例えば、おへその脇あたりの皮膚をつまんでみてください。しっかりつかめるお肉は皮下脂肪です。

皮下脂肪は、比較的病気の原因にはなりにくいと言われていますが、お腹周りやヒップ、太ももなどにもったりと溜まってしまい、ボディラインに大きく関わってきます。

いわゆる“太って見えること”による弊害は大きいものです。人間関係や仕事などにも影響してくることもありますし、生活する上での不便やストレスを生んでしまうこともありますね。

どうして皮下脂肪は蓄積されるのか?

「小さい頃から甘いもの、油っこいものが大好き!」という方は、皮下脂肪に注意する必要があります。

甘いものはもちろん、糖質である炭水化物、揚げ物などの脂質が多い食べ物は、カロリー過多を招きやすいもの。

毎日そのようなメニューを食べ続け、摂取カロリーが消費カロリーを上回る日々が続くと、徐々に皮膚の下に脂肪が蓄積されていくようになります。

皮下脂肪は、長い時間をかけて、少しずつ蓄積されていった脂肪であることが多いそうです。

また、ダイエットとリバウンドを繰り返している方もご注意を。ダイエット=飢餓状態と過食を繰り返していると、体が防御態勢に入ってしまい、“飢餓になった時のために蓄えなくちゃ!”と、積極的に皮下脂肪を溜め込むようになってしまうのです。

皮下脂肪は、幼いころからからぽっちゃりさんで、カロリーの多い食事とダイエットを繰り返してきた方につきやすい、脂肪の鎧のようなものなのです。

皮下脂肪を撃退する効果的な方法とは

皮下脂肪は、長い時間をかけて蓄積されてきた脂肪ですので、落とすのにもかなり時間がかかります。

炭水化物や脂質を減らしてダイエットを行った場合、まずは比較的落ちやすい内臓脂肪から落ちていき、最後にやっと減るのが皮下脂肪。

一説には、皮下脂肪をきちんと落とすためには、2〜3年ほどの時間がかかると言われているのです。

落ちにくい難敵である皮下脂肪を減少させる効果的な方法は、有酸素運動とマッサージ。

脂質や糖質を抑える食事制限はもちろん必要ですが、それ以上に、体を動かして少しずつでも脂肪を燃やすことが重要です。

ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動と、腹筋や背筋などの軽い筋トレを組み合わせるのもおすすめ。

筋肉量を増やすだけで、消費されるエネルギーが格段に増えるからです。運動をすると膝や腰などに負担がかかる…と言う方は、水中で行うウォーキングや水泳もいいですね。

さらに、皮下脂肪を皮膚の上から刺激するマッサージも有効だと言われています。血流やリンパの流れを促進して老廃物の排出を促すだけで、むくみが取れて見た目にもかなりスッキリします。

時間をかけてマッサージすれば、脂肪を落とす効果もあるそうです。お風呂に入って体が温まった状態で、気になる脂肪をリンパの流れに沿って押し出すようにマッサージしてみましょう。気分もリフレッシュできます  

 

サイト紹介

効率的に皮下脂肪や内臓脂肪を落とす方法とは?食事法や運動、脂肪燃焼系サプリまで、あらゆる方法をまとめているサイトです。
ダイエットしたい男女必見!
No.1「コレスリム」

コレスリム

詳細をチェック

No.2「メタファイヤ」

メタファイア

詳細をチェック

No.3「メタバリアスリム」

メタバリアスリム
プレミアム

詳細をチェック

 
皮下脂肪・内臓脂肪を落とす脂肪燃焼サプリおすすめランキング:脂肪燃焼サプリおすすめ比較ランキング