皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法ガイド

気になる皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法を徹底リサーチしました

内臓脂肪

生活習慣病の原因となることでも知られる内臓脂肪。その性質や蓄積されてしまう原因、効果的に落とす方法などについて解説していきたいと思います。

内臓脂肪ってどんなもの?

内臓脂肪も皮下脂肪と同様に、脂質や糖質が多いカロリー過多な食生活や、運動不足などが原因で蓄積される脂肪。

皮膚のすぐ下に溜まる皮下脂肪と違い、内臓の周りに蓄積されるものです。

お腹周りが太いのに、おへその脇をつまんでもつまめるお肉がない、という方は内臓脂肪を疑った方がよいでしょう。お腹周りだけがぽこんと出た、リンゴ体型の方も内臓脂肪タイプですね。

一般的に、ホルモンや筋肉量の違いから、女性よりも男性の方が内臓脂肪が付きやすいと言われています。また、皮下脂肪に比べると、短期間で脂肪が蓄積されやすいのも特徴です。

内臓脂肪は病気の要因となることもある危険物!

最近の研究で、この内臓脂肪が糖尿病や高血圧などの生活習慣病を引き起こす原因となってしまうことが分かっています。さらに、動脈硬化などの重病へとつながることもありますので、より恐ろしい脂肪は、皮下脂肪よりも内臓脂肪であると言えるでしょう。

ですから、“内臓脂肪の多さ=生活習慣病リスクの高さ”と考えられます。健康診断で腹回りのサイズを計測してメタボ診断を行うのは、内臓脂肪が蓄積されていないかどうかをチェックし、生活習慣病のリスクを判断する目的があるからなのです。

検診でメタボと診断された方は、できるだけ早く内臓脂肪を落とすよう、生活改善を始める必要がありますね。

内臓脂肪は溜まりやすくて落ちやすい!?

内臓脂肪と皮下脂肪の違いを貯金に例えると、『内臓脂肪=普通預金』、『皮下脂肪=定期預金』だと言われています。

内臓脂肪は普通預金と一緒で、手軽に溜まりますし、すぐに下ろして使うことができる脂肪。簡単に蓄積されてしまいますが、比較的落ちやすい脂肪としても知られているのです。

例えば、たっぷり溜まってしまった皮下脂肪を落とすには、2〜3年かけて食事制限や運動、マッサージなどを続けることが必要ですが、内臓脂肪の場合は少しの生活改善で落とすことが可能なのだとか。

まずは、以下のようなことに気を付けて、ご自身の生活を見直すことから始めてみましょう。

  • 脂っこい物、甘いもの、炭水化物をできるだけ控える
  • お酒は控えめにして、休肝日をもうける
  • 有酸素運動など、軽い運動を毎日続ける
  • 中性脂肪値を下げるサプリ・お茶などを飲む
 

サイト紹介

効率的に皮下脂肪や内臓脂肪を落とす方法とは?食事法や運動、脂肪燃焼系サプリまで、あらゆる方法をまとめているサイトです。
ダイエットしたい男女必見!
No.1「コレスリム」

コレスリム

詳細をチェック

No.2「メタファイヤ」

メタファイア

詳細をチェック

No.3「メタバリアスリム」

メタバリアスリム
プレミアム

詳細をチェック

 
皮下脂肪・内臓脂肪を落とす脂肪燃焼サプリおすすめランキング:脂肪燃焼サプリおすすめ比較ランキング