皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法ガイド

気になる皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法を徹底リサーチしました

中性脂肪

健康診断で気になる数値のひとつ、中性脂肪とはどのようなものなのでしょうか。

中性脂肪が持つ働きや特徴、数字を下げるための効果的な方法について解説しましょう。

中性脂肪ってどんなもの?

脂肪は常に悪者のイメージでとらえられますが、実は私たちの生命維持や運動のエネルギー源としての役割を担う重要なもの。中性脂肪もそのひとつで、トリグリセリド(TG)と呼ばれている脂質です。

食べ物などから摂取した脂質は、血液中に入って全身を回り、細胞ひとつひとつに活動エネルギーとして供給されます。
しかし、取り込んだ脂質の量が多いと、使われずに余ってしまうものが出てきますよね。余った脂肪は、中性脂肪として全身に蓄えられ、皮下脂肪や内臓脂肪になるわけです。

さらに、食事から取り込む脂質だけではなく、肝臓で合成されるものもあります。飲酒の量が多かったり、糖質の摂取量が上がると、肝臓でたくさんの中性脂肪が作られてしまい、急激に数値が上がることがあるそうです。

中性脂肪の問題点

中性脂肪値が上がったからと言って、必ずしも悪い面だけではありません。

脂肪は、私たちの体にとっては、生命活動のエネルギーとして欠かせないものであり、皮下脂肪や内臓脂肪となって体を守りながら、体温を維持する役割を果たしている面もあるのです。

中性脂肪が問題化されているのは、余分なエネルギーとして肝臓から再び血液中に分泌された、内因性の中性脂肪が増えてしまうことにあります。

その状態が常態化すると、血管内に中性脂肪が溜まって血流に障害が起きてしまう場合があり、重大な病の引き金となってしまう恐れがあるからです。

例えば、動脈硬化は大動脈などの比較的太い動脈が、コレステロールなどの脂肪の塊によって狭まったり、詰まってしまうことで起こります。中性脂肪も原因のひとつとされていて、飲酒後に急激に中性脂肪の量が増えて、発症してしまうことも多いそうです。

中性脂肪を効果的に下げる方法とは?

血液中の余分な中性脂肪を減らすためには、普段から脂質や糖質を抑えた食事を心がけることが大切です。

お肉や揚げ物などの脂質はできるだけ避けると同時に、ごはんやパンなどの炭水化物も取り過ぎないように注意しましょう。

また、以前“頭が良くなる成分”としてブームとなったDHAやEPAといった成分は、中性脂肪を下げる効果があるとして、最近再び注目を集めています。

サプリメントやドリンクなど、たくさんの商品が販売されていますので、それらを利用してみるのもいいですね。

DHAやEPAは、青魚などに多く含まれていますから、肉よりも魚を中心とした和食の生活が、中性脂肪を減らし、健康な身体を保つためには最も合っていると言えるのではないでしょうか。

 

サイト紹介

効率的に皮下脂肪や内臓脂肪を落とす方法とは?食事法や運動、脂肪燃焼系サプリまで、あらゆる方法をまとめているサイトです。
ダイエットしたい男女必見!
No.1「コレスリム」

コレスリム

詳細をチェック

No.2「メタファイヤ」

メタファイア

詳細をチェック

No.3「メタバリアスリム」

メタバリアスリム
プレミアム

詳細をチェック

 
皮下脂肪・内臓脂肪を落とす脂肪燃焼サプリおすすめランキング:脂肪燃焼サプリおすすめ比較ランキング