皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法ガイド

気になる皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法を徹底リサーチしました

白色脂肪細胞

最近の研究で、脂肪細胞には2種類あることが分かってきたそうです。その中のひとつ、白色脂肪細胞の特徴や働き、減らす方法などについて解説しましょう。 

白色脂肪細胞って、どんなもの?

脂肪細胞には、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があると言われています。

白色脂肪細胞は、その名の通り白っぽい色をした脂肪で、一般的に脂肪細胞と呼ばれるものがこれ。

私たちの体のあちこちに蓄積する脂肪のほとんどは、この白色脂肪細胞だと言われています。余分に摂取してしまったカロリーが中性脂肪となり、体内に蓄積されたものですね。

白色脂肪細胞は、全身のいたるところに蓄積されますが、特にお腹周りやお尻、太もも、背中などの皮下脂肪と呼ばれるもの、内臓の周りにつく内臓脂肪と呼ばれるものがあります。

白色脂肪細胞ができる主な原因とは

白色脂肪細胞は、一般的にいう“脂肪細胞”と同じイメージでとらえましょう。

蓄積されてしまう原因は、やはりカロリー過多な食事や運動不足、生活習慣の乱れなどにあるわけです。消費カロリーを摂取カロリーが大幅に上回ってしまうと、余分な脂質や糖質は中性脂肪となって体のあちこちに溜まります。

男性の場合は、内臓の周りに溜まる内臓脂肪となることが多く、女性の場合は、お腹周りや腰回りの皮下組織に蓄積され、皮下脂肪となることが多いそうです。 

白色脂肪細胞を効果的に落とす方法

白色脂肪細胞は、皮下脂肪や内臓脂肪を落とす方法とほぼ同じような心がけで落とすことができます。

脂質や糖質を抑え、カロリー摂取量を減らすこと、有酸素運動や筋トレで消費カロリーや代謝をアップさせることなどが挙げられますね。

さらに、最近の研究で分かってきたのは、脂肪細胞のもうひとつの種類である褐色脂肪細胞を増やすことが、白色脂肪細胞を減らすことにつながる、ということです。

エネルギーを燃やして余分なカロリーの消費に役立つ褐色脂肪細胞が増えれば、余分なカロリーを減らすことができ、脂肪として蓄積されることを防ぐことができるのだとか。

褐色脂肪細胞については、別のページで解説しますので、そちらもチェックしてみてください。

 

サイト紹介

効率的に皮下脂肪や内臓脂肪を落とす方法とは?食事法や運動、脂肪燃焼系サプリまで、あらゆる方法をまとめているサイトです。
ダイエットしたい男女必見!
No.1「コレスリム」

コレスリム

詳細をチェック

No.2「メタファイヤ」

メタファイア

詳細をチェック

No.3「メタバリアスリム」

メタバリアスリム
プレミアム

詳細をチェック

 
皮下脂肪・内臓脂肪を落とす脂肪燃焼サプリおすすめランキング:脂肪燃焼サプリおすすめ比較ランキング