皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法ガイド

気になる皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法を徹底リサーチしました

サイクリング

健康にも役立ち、ストレス解消にもなる自転車が大ブーム。ロードバイクやクロスバイクで通勤・通学する方が急激に増え、街でもよく見かけるようになりました。

そこで、サイクリングで脂肪燃焼を目指すダイエット法について、解説していきます。 

サイクリングでダイエットするメリット

効率的にダイエット! サイクリングがおすすの理由

ほとんどの方は自転車に乗れると思いますので、ジムに通ったり教室に通ったりする必要がなく、自転車さえあれば明日からでも始められるのがサイクリングのいいところ。

気軽に始められるというのは、継続しやすいことも意味しています。通勤や通学、お買い物の足にと、日常生活に密着していて、あらゆるところで活用できるので、運動を継続しやすいのも魅力ですね。

さらに、自転車のペダルをこぐという運動は、簡単にできる割に消費カロリーが大きいと言われています。

サイクリングの時に使うのは、お尻から大腿部、ふくらはぎなどの大きな筋肉です。

足の筋肉は、体全体の約70%を占めると言われ、このような大きな筋肉を使うことは、消費カロリーも大きくなるわけです。

しかも、サイクリングは、普段運動に慣れていない方が始めても、筋肉や骨などへ負担が少ない運動とされています。 

サイクリング初心者が守るべきルールとは

「ママチャリには乗っているけど、本格的な自転車は始めて…」というサイクリング初心者さんは、まず自分の体に合った自転車を選ぶことから始めましょう。

「ダイエットするぞ!」と気合を入れる意味で、クロスバイクやMTBなどのスポーツタイプの自転車を用意するといいかもしれませんね。もちろん、ママチャリでも全然構いませんが。

体に合った自転車を選ぶことは、筋肉を正しく効率よく使うために重要なこと。基本的には自分の身長に合わせたインチの自転車なら問題ありません。

ペダルに足をのせた時に、親指の付け根がペダルの中心に来るように注意しましょう。イメージ的には、つま先でペダルをこぐ感じ。これなら、ふくらはぎの筋肉を正しく刺激することができます。

さらに、足首はできるだけ動かさないように固定してペダルを踏むことも大切。グニャグニャと足首を動かしてペダルをこいでも、なかなか前に進まないどころか、足首を痛めてしまうこともあります。

あくまでも有酸素運動! 適度な運動を毎日

ロードバイクなどを趣味としている本格派の方は、何時間もかけて数十キロの距離を走り込みます。

山道を全速力で何度も上り下りすることも多いようです。しかし、そのような厳しいトレーニングはダイエットに不向き。

何時間も全速力でこぎまくっても、太もも周りに筋肉が付いて太くなってしまうだけだからです。

体脂肪を燃焼させることを目的とするなら、息が上がらない程度で「気持ちいい!」と思えるくらいの運動を30分〜1時間ほど続けてみてください。

いつもの道をちょっと遠回りして、気持ちよく走るくらいがちょうどいいようです。ただし、それを毎日続けること。

何日か継続しているうちに、サイクリングが習慣化し、知らず知らずのうちに体脂肪も落ちてくれるはずですよ。 

サイクリング運動をサポートする脂肪燃焼系サプリメントを

サイクリングの前には、脂肪の燃焼を促進するサプリメントを飲むと、よりダイエット効果が期待できます。

燃焼系のドリンクの飲みながら走るのもいいですし、錠剤やカプセルタイプなら、飲んでから自転車に乗ります。運動する前にサプリメントを摂取するのがポイントですね。

 

サイト紹介

効率的に皮下脂肪や内臓脂肪を落とす方法とは?食事法や運動、脂肪燃焼系サプリまで、あらゆる方法をまとめているサイトです。
ダイエットしたい男女必見!
No.1「コレスリム」

コレスリム

詳細をチェック

No.2「メタファイヤ」

メタファイア

詳細をチェック

No.3「メタバリアスリム」

メタバリアスリム
プレミアム

詳細をチェック

 
皮下脂肪・内臓脂肪を落とす脂肪燃焼サプリおすすめランキング:脂肪燃焼サプリおすすめ比較ランキング