皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法ガイド

気になる皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法を徹底リサーチしました

スイミング

プールに行って泳ぐだけで気分は爽快。カロリー消費や脂肪燃焼効果だけではなく、ストレス解消にも役立つスイミングについて、メリットや注意点をまとめてみました。

水泳で効率良くダイエットするには、どんなことに気をつければよいのか解説しましょう。 

水泳は確実にカロリー消費できる全身運動

脂肪燃焼を促してダイエット効果の高い運動、水泳

水泳は水圧の中で体全体をくまなく動かす全身運動ですから、消費カロリーが高いのが特徴。

全身の筋肉をバランスよく鍛えることができ、基礎代謝をアップさせることも可能です。

体内に蓄積した脂肪を燃焼させる効果が高いだけではなく、水圧によるマッサージ効果で血流を促進し、老廃物の排出を促す作用もあると言われています。

スイミングは、しっかり呼吸を入れながら長時間泳ぎ続ければ、最高の有酸素運動となりますね。

体に負担が少ない運動と言えばスイミング

ジムでのマシントレーニングやランニングは、運動不足の方にはちょっと負担が大きいもの。

特に、身長の割に体重がオーバーしている方にとっては、ひざなどに負担をかけてしまうことがあり、トレーニングを慎重に行わなければなりません。

その点、水泳は水の中で浮力を利用して行う運動ですから、足腰への負担は少なくてすみます。

安全に泳ぐ場所が確保できるのであれば、カナヅチの人でない限り、水泳ほど効率よく脂肪燃焼できて負担の少ない運動法はないでしょう。

「あまり泳ぎが得意じゃないな…」という方は、水中ウォーキングもおすすめ。

水の中は水圧の負荷がかかりますから、ゆっくり脚を動かすだけで運動量はかなりのもの。膝や腰にはそれほど負担がかからないので、プールでのウォーキングから始めてみるのもいいですね。

のんびり長時間泳げる“平泳ぎ”が最適

どんな泳ぎ方がダイエットに向いているのでしょうか?

四大泳法と呼ばれる、クロールと平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライの中で、ダイエットに最もおすすめなのは、平泳ぎです。

好きな泳ぎ方をすれば基本的にはOKなのですが、脂肪燃焼の効果を高める有酸素運動として考えると、呼吸しながら長時間泳ぎ続けることが重要。

その点、平泳ぎはほかの泳法と比べてゆったりとしたモーションで楽に泳ぐことができます。呼吸もしやすいですよね。

有酸素運動の基本は、酸素を取り込みながら長時間行うことですから、平泳ぎでゆったりと30分以上泳ぎ続けるのが、最も効果的なダイエット法だと言えるでしょう。 

スイミングの前に摂取したいものとは

泳ぐ前に摂取したいのは、脂肪燃焼を促進させるアミノ酸などが配合されたサプリメント。

全身の体脂肪を落とす目的だけではなく、疲労を軽減し長時間泳ぎ続けるエネルギーを生み出す効果もあります。

有酸素運動は長時間続けてこそ効果が出るもの。水泳のような全身運動を、長時間続けるためにはかなりのエネルギーが必要とされます。

運動の前にサプリを摂取しておけば、運動中もドンドン体脂肪をエネルギーに変えることができ、一石二鳥というわけですね。 

 

サイト紹介

効率的に皮下脂肪や内臓脂肪を落とす方法とは?食事法や運動、脂肪燃焼系サプリまで、あらゆる方法をまとめているサイトです。
ダイエットしたい男女必見!
No.1「コレスリム」

コレスリム

詳細をチェック

No.2「メタファイヤ」

メタファイア

詳細をチェック

No.3「メタバリアスリム」

メタバリアスリム
プレミアム

詳細をチェック

 
皮下脂肪・内臓脂肪を落とす脂肪燃焼サプリおすすめランキング:脂肪燃焼サプリおすすめ比較ランキング