皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法ガイド

気になる皮下脂肪・内臓脂肪を落とす方法を徹底リサーチしました

ウォーキング・ランニング

体力のない方でも手軽に始められて、脂肪燃焼効果が高い運動法と言えばウォーキング。

さらに、最近ブームとなっているランニングなど、“歩く”&“走る”ことによる効果的なダイエットエクササイズについて考えてみましょう。

ウォーキングは有酸素運動の代表格

ウォーキング・ランニングのダイエット効果

脂肪を燃焼させる効果がある運動として「有酸素運動を行いましょう!」という言葉をよく耳にします。
そもそも、有酸素運動とはどのような運動なのか知っていますか?

私たちが身体を動かす運動の中で、短距離走のように酸素を体に供給しないまま(呼吸せずに)激しく体を動かすものを、無酸素運動と言います。

逆に、ウォーキングや軽いランニングのように、十分に酸素を取り込みながら(呼吸をしながら)ゆっくりとした動きで行うものを有酸素運動と言うのです。

物が燃焼するときには酸素が必要ですから、効率よく体脂肪を燃焼させるときにも酸素が必要不可欠。より効果的に体脂肪を減らすことができる運動は、のんびり酸素を取り込みながら行う有酸素運動だと言えます。

この有酸素運動の代表的なものとして挙げられるのがウォーキングです。

ウォーキングの消費カロリーは、1時間で420Kcalくらい。この数字は、100メートルを45秒くらいで歩くという、かなり早歩きのスピードの場合です。

息が上がらないように注意しながらこのペースで歩けば、1日30分程度のウォーキングでも、約1ヶ月で約7,000Kcal消費でき、体重は1キロ減らせる計算になるそう。

1日のうちで30分くらいならなんとか続けられそうですから、かなり現実的な数字ですよね。 

正しいウォーキング法とは

前述したように、ウォーキングはスピードが重要です。

初めはゆっくりからスタートして、徐々にスピードを上げ、息が上がらない程度の速さでキープしましょう。

正確に言うと、一定の心拍数を保つように注意しながら歩くことがポイント。

最低でも1分間に120以上の心拍数をキープすると、脂肪燃焼につながります。心拍数を確認するには、立ち止まって10秒程度脈をはかり、その数字を6倍すると分かりますね。

このペースのウォーキングを30分以上続けてみましょう。

さらに、歩く際は顎を軽く引いた状態で背筋を伸ばし、肩の力を抜いて腕を軽く振ります。足は踵から着地して、つま先で地面を蹴るように意識しましょう。足元を見ないで、数十メートル先に視線を向けて歩くことも大切。景色を楽しみながら歩けるコースなら、長続きしやすいですね。

慣れてきたらランニングにも挑戦!

ウォーキングを継続してみて、体力的に問題がなさそうなら、軽くランニングに挑戦してみてもいいでしょう。

早歩きのウォーキングを続けている方なら、問題なくランニングに移行できるはず。ランニングの場合、30分走り続けなくとも、ほんの5分や10分でもかなりのカロリーを消費できます。

ランニングには、カロリーを消費するだけではなく、ほかにもメリットがたくさんあります。

例えば、便秘やむくみが解消されたり、基礎代謝がアップしたり。ストレス解消できるとか、集中力が上がったという報告もあります。

中には、食欲を抑えるためにランニングするという強者もいるそうですよ。 

ウォーキングやランニング前には脂肪燃焼系サプリを!

ウォーキングやランニングなどの有酸素運動を行う際には、水分補給大切ですね。
その際、単なる水分を補給するのではなく、効率よく脂肪を燃焼させて運動エネルギーへ変える作用を持つ、燃焼系のサプリメントを摂取するのがおすすめ。

サプリメントは、ドリンクタイプでも、カプセルなどでもかまいません。

できるだけ運動をする前に摂取するようにしましょう。

 

サイト紹介

効率的に皮下脂肪や内臓脂肪を落とす方法とは?食事法や運動、脂肪燃焼系サプリまで、あらゆる方法をまとめているサイトです。
ダイエットしたい男女必見!
No.1「コレスリム」

コレスリム

詳細をチェック

No.2「メタファイヤ」

メタファイア

詳細をチェック

No.3「メタバリアスリム」

メタバリアスリム
プレミアム

詳細をチェック

 
皮下脂肪・内臓脂肪を落とす脂肪燃焼サプリおすすめランキング:脂肪燃焼サプリおすすめ比較ランキング